★顔脱毛サロン★徹底解説

脱毛サロンでの顔脱毛の種類・方法!














サロンでの顔脱毛の種類一覧

●光脱毛
・受けられるサロン/ディオーネ(ハイパースキン脱毛)
          ミュゼプラチナム(S.S.C.脱毛)
          銀座カラー(IPL脱毛)
          エピレ

エステサロンによって呼び方はさまざま。
光脱毛の特徴としては、黒色のメラニンに反応する光を当てることによって、
毛根にダメージを与える脱毛法です。
メラニンに反応させるため、日焼けした肌や毛を剃った直後の肌には施術できません。

いろんな毛質・毛根の深さにも対応できて、料金もお値打ちに設定されてるから、お財布には優しいね。


施術の流れとしては、光による瞳への刺激を避けるために、目の保護用サングラスをつけます。
肌へ直接光を当てるのではなく、肌の冷却用のジェルを塗り、ジェルの上から光を当てるよ。

レーザー脱毛などよりは出力が弱いため、痛みが少ないことで人気がありますが、
出力が弱い分効果を実感できるまで期間がかかるよ。
安い料金で痛みがレーザー脱毛よりも少ないからいいけど、
効果が出るまで時間がかかるのが嫌な人にはオススメできません。



この毛周期について詳しくはこちらのページ「ディオーネ」へ☆




●医療レーザー脱毛
・受けられるクリニック/アリシアクリニックレディース(医療レーザー脱毛)
            湘南美容外科クリニック(SBC根こそぎレーザー脱毛)

レーザー脱毛は、医療行為になるので脱毛サロンでは受けることが出来ないため、
医療機関でしか受けることができません。
それは、レーザー脱毛は光脱毛よりも出力が高いということも理由の1つです。

出力が高いため、照射範囲も広くて施術時間も少なめですが、その分光脱毛などよりも痛み・肌への負担は大きいよ。

痛みの表現で、"輪ゴムでパチンとはじかれた程度の痛み"という表現がよく使われています。
輪ゴムでパチン・・・?え?どんな痛みww
すっごいわかりにくい。(* ̄□ ̄*;

この痛みの表現は、やっぱりみんなわかりにくいみたいで、
「それって結局どの程度の痛みなの?」と質問する人が多かったよ。

医療レーザーの痛みの感じ方は人それぞれですが、光脱毛よりは効果を早い段階で実感できるけど、
医療レーザーといえども保険の対象外だし、料金もお高めです。


料金も高く出力も高い医療レーザー脱毛だけど、この医療レーザー脱毛の1番のメリットとしては、
肌に万が一トラブルが起きても、その医療機関ですぐに治療が受けられるという安心点かな。

もちろんそんな肌トラブルは起きないことが1番ですけどね☆




●ニードル脱毛(電気脱毛)
・受けられるサロン/TBC(TBCスーパーライト脱毛)

ニードル脱毛は歴史が古く昔からある脱毛法で、毛穴1つ1つに針を差し込んで
その針に弱い電気や高周波を流して、毛根壊す脱毛法です。
昔は、永久脱毛と言えばニードル脱毛で、ニードル脱毛の他に電気脱毛や針脱毛とも呼ばれます。

細くて色素の薄い毛など関係なく対応できるけど、その反面1つ1つの毛穴に針を刺していくので、
施術時間がかなりかかることが難点だね。

それと、毛穴に針を刺すから痛みの感じ方は個人差があるので、絶対に痛みはないとは言えません(* ̄□ ̄*;

ニードル脱毛が受けられるサロンも最近はかなり少ないですよ。




<<前の記事「トマ美の友達にとった「ムダ毛に関するアンケート」結果まとめ★」へ
                    >>次の記事「顔脱毛サロンの失敗しない選び方・注意点!」へ


●関連記事
脱毛サロンで脱毛が出来ない場所!ほくろ?タトゥー?妊娠中?
敏感肌、アトピーやニキビ肌でも顔脱毛できるの?ヤケドの可能性は?
子供の脱毛が人気?子供でもできる「痛くない脱毛サロン」?




>>『最新版』顔脱毛おすすめランキングはこちら


脱毛の基礎知識

 

★顔脱毛サロン★徹底解説

 

ブライダル脱毛

 

顔脱毛が出来るエステサロン

 

地域別人気脱毛サロン一覧