脱毛の基礎知識

脱毛の歴史を知る

脱毛というのは、現代の女性のオシャレや美容の一貫に思えますが、
最近では男性でも脱毛をする人がいるほど、身だしなみの一部のようになってきたよね。

男性でも、こ○亀の両津さんみたいに眉毛が繋がった人は見かけないよね。w


たまーに、温泉とか行くと女性でワキ毛がジャングルになっている人を見かけるけど、
男性から見たら、やっぱり「おおおお・・・・・・やばいな」と思いそうだ。w














★紀元前4000年ー紀元前3000年
【地中海地方・古代オリエント】女性たちは、"Rhusma turcorum"という硫黄や石灰でできた脱毛剤を使っていた。
【地中海沿岸】指の間にヒモを挟み毛を抜いていた。→現在もこの地域では同じ方法


★紀元前1,500年頃
【エジプト】焼いたハスの葉+油+カバの脂肪の脱毛剤


★紀元前30年ー40年頃
【エジプト】クレオパトラも脱毛剤を使う。
現代のカミソリのようなものも使われていた。


★8世紀ー12世紀
【平安時代】貴族の女性は、額の形を額墨で書き足して、ムダ毛も抜いていた。
【平安中期】毛抜きは有り難い物として扱われていた。


★17世紀ー19世紀
【江戸時代】遊女は陰毛を石で切ったり線香で焼いていた。
手や足には、木の実のアブラと軽石を砕いた脱毛剤を使い、アフターケアにはうぐいすのフンとへちま水をつけた。
【江戸時代後期】まゆげの下のほうを剃っていた。


★19世紀
肌に硫酸などの薬品を直接かけたり毛を抜いたあとに、炎症を起こすために汚れた針を毛穴に入れて、永久脱毛を目指していた。
→永久脱毛の効果もなく跡が残っただけだった。
1875年に、さかまつげの永久除去のために行われたものが、電気分解脱毛法の処理に用いられましたが、
時間がかなりかかったそうです。


★20世紀ー現在
1916年にアメリカでポール N.クリーさんが、マルチプルプローブ電気分解脱毛器を発売し、一般人の電気脱毛士の
トレーニングが開始されました。
1924年にフランスで医師アンリ ボルディさんが高周波脱毛法を発表。
1945年には、アメリカの電気脱毛技術者ヘンリー E.St.ピエールさんとエンジニアのアーサー R.ヒンケルさんにより、
ブレンド脱毛法が開発された。
1970年に日本にこのブレンド脱毛器が輸入され、フラッシュ脱毛も販売されたそうです。
1983年にはアメリカ ハーバード大学のロックス アンダーソン博士が、選択的光熱融解理論を発表。
1997年に日本でレーザー脱毛器が輸入されます。
(日本スキン・エステティック協会より)



















<<前の記事「ヘアサイクル(毛周期)とは?」へ
                   >>次の記事「海外でのムダ毛の考え方「世界のムダ毛処理事情」へ


●関連記事
毛の仕組み、役割って何?&ムダ毛が濃くなる原因!
顔の産毛、みんなはどうやって処理してる?
ムダ毛を家庭で自己処理するデメリット!家庭用脱毛器VS脱毛サロン




>>『最新版』顔脱毛おすすめランキングはこちら


脱毛の基礎知識

 

★顔脱毛サロン★徹底解説

 

ブライダル脱毛

 

顔脱毛が出来るエステサロン

 

地域別人気脱毛サロン一覧